農地流動化に関する事業

(公財)矢板市農業公社が農地の仲介を行い、地域の担い手等に面的集積することで、効率的な農地利用を目的とした事業です。

農地貸借等契約支援事業

農用地の所有者から委任を受けて、代理で当該農用地の貸借等契約の支援を行う事業です。

  1. 農地の所有者が(公財)矢板市農業公社に委任をします。
  2. 市町・農業委員会、また地域の担い手と協議・調整し、「受け手」を選定します。
  3. 「受け手」が決まったら、「出し手」と賃貸借契約を結びます。(利用権設定)

※農用地の条件等によっては、委任契約できない場合もあります。

このページの先頭へ